大切な情報だからこそ取り戻し方もよく考えて行動しよう

専門業者にまかせたい理由

ハードディスク

多岐にわたる障害に対応できる

企業の信用性に関わる問題がデータの取り扱いであり、破損が原因で個人情報を消失させたとなれば大きなトラブルにつながります。データは外部の記憶媒体にコピーしておくのが好ましいですが、コピーをしていない状態でパソコンが故障したという事例は少なくありません。そうした場面で役立つのがデータ復旧の専門業者で、障害の種類を問わずに対応できます。簡易的な障害に関してはデータ復旧ソフトで対応できる場合がありますが、機械そのものが故障している物理障害には使えません。軽度の論理障害に関してはソフトが役立ちますが、同じ論理障害でも重症度が高いものは専門業者にまかせましょう。データ復旧作業の特徴として、作業を繰り返すほどに成功率が低下していく問題があります。だからこそ高確率でデータを取り戻すならば、最初から専門業者にまかせたほうがいいわけです。障害の種類や程度に関しては、一般の方では判断が難しいことが多く、論理障害だと考えて対応していたら実は物理障害だったというケースがあります。データ復旧業者を利用する場合は、具体的な成功率に着目する必要がありますが、同時にどこまで復旧できるのか把握しておくことも大切です。業者によって成功の定義が異なり、なかには一部データを復旧できれば成功と判断するところもあります。信頼できる業者の特徴としては、実店舗を構えていること、持ち込みに対応していること、などがあります。また公的機関が利用している業者も、一定の技術水準に達していると考えられるでしょう。

Copyright© 2020 大切な情報だからこそ取り戻し方もよく考えて行動しよう All Rights Reserved.