大切な情報だからこそ取り戻し方もよく考えて行動しよう

男性

注意したい3つのこと

データの復旧を依頼する際はどのくらいの費用がかかるのか、その費用相場は妥当なのかを判断することが大事です。そのためには、依頼する先の評判をできるだけ多く集め、口コミ内容から信頼できるかどうかを決める作業が求められます。
ハードディスク

専門業者にまかせたい理由

大切なデータを復旧させるには、さまざまな障害に対応できるデータ復旧業者の利用をおすすめします。軽度の論理障害をはじめとして、自身で対応が難しい物理障害にも対応が可能です。自己修理を繰り返さずに素早く依頼することが成功率を上げるポイントです。
ミニチュア

PCのトラブル改善

データ復旧業者を利用する時にちょっと注意しておきたいのが業者の選び方です。利用前の準備として業者の選定をしておかないとスムーズに復旧ができない場合あります。そのため業者選定の下準備は慎重に行いましょう。
パソコン修理

安全運用のための必須事項

IT危機は現代社会にとって必須ですが、同時に壊れてしまうと様々なことに支障をきたしてしまいます。データが壊れた時には、オンラインストレージに情報を送信する方法と専用ソフトを使って復旧する方法があるので故障することを念頭に準備が大事です。
キーボード

通信機器でのトラブル

紛失したデータ復旧は、プロの企業に任せる必要がありますから、会社は事前にトラブルが起きないような環境作りも大切です。会社の信用に関わるデータの扱いは、とても大変な面もありますが、現代社会なら復旧させる技術があります。

急いでいるときほど慎重に

ハードディスク

ポイントを押さえて賢く利用する

高度に情報化が進んだ社会で、電子文書やデータを記録した機器が壊れた場合、そこに保存されたデータを復旧してくれるサービスは有難いものです。ただ、いくら失われたデータを早く取り戻したいからといって慌てて利用するのは禁物です。データ復旧サービスを利用する際にはいくつか押さえておくべきポイントがあります。まず、基本的なことですが記録媒体やハードウェアが物理的に損壊している場合は、ほぼデータを復旧できる見込みがないことに注意しましょう。どんな状態でもデータを復旧しますという宣伝文句で勧誘している会社もありますが、ハードディスクやSDカードなどが割れていたり溶解していたりする場合は復元できません。サービスを利用する前に損壊の程度についてメーカーに問い合わせるのが得策です。作業に着手する前に、作業プロセスや料金について明瞭に説明をしないデータ復旧サービスも利用を控えたほうが良いかもしれません。機器メーカーが提供するようなアプリケーションでは復旧できない状況でも、サービス会社独自のツールで復旧させるのがサービスの利点です。しかし、それだけにその作業には、システムの専門知識がない人には理解不能な内容が多く含まれています。どういう作業をしたかを明確にせずに、作業完了後に追加料金などを請求される場合もあります。このため、現状についての説明およびどのような作業プロセスで復旧していくのか、どこまで作業をしたらいくら料金が発生するのかといった説明を事前にきちんと行う会社を選ぶようにするのが賢明です。また、早くデータを取り戻したいがために疎かになりがちなのがセキュリティーに関する対策です。特に企業で使用している機器には、顧客情報をはじめさまざまな機密情報が記録されています。データは復旧できたけど機密情報が外部に漏洩したのでは企業にとって大きな損失となります。作業をする前に文書で機密保持についての契約をしてくれる会社を探すことが重要です。

Copyright© 2020 大切な情報だからこそ取り戻し方もよく考えて行動しよう All Rights Reserved.